LUCAS MUSEUM|山本容子美術館 » Archive 

LUCAS MUSEUM|LUCASMUSEUM.NET|山本容子美術館


INFORMATION

10月の記事一覧

TITLE:【Event】「プラテーロとわたし」全曲を聴いて、体験して。

October 25.2021

「プラテーロとわたし」全曲を聴いて、体験して。

昨日、2021年10月24日の午後1時から午後4時半。この3時間半の間に、奇跡のような素晴らしい夢が実現した。

秋晴れの美しい山口県秋吉台国際芸術村のコンサートホールは満席。

スペインの詩人ヒメネスの「プラテーロとわたし」28編の散文詩には、テデスコの28曲のギター曲が作曲されている。そして私は28点の銅版画を制作した。その詩をギター演奏にのせて朗読する波多野睦美さんは、ギターを奏でる大萩康司さんの繊細な指先に応えることが出来るように詩の翻訳をした。言葉が弦に乗った。私の絵は、演奏するふたりの頭上に投影されて輝いた。曲に合わせて静かに動く映像はつつましく、曲にとけこんだように思えた。中川健一君の丁寧な指使いは、PCの上で画像を遊ぶ。

東京から来てくれた編集者の榊原宏通君は、この三つの要素がコンサートホールの空気を「詩」の「ことば」で埋めつくされる時間を体験してくれた。

音も映像も消えてしまうから、と。心して聴きましたとのことだった。改めて観客の皆様への感謝で一杯になった。

コンサートホールは、演奏が終了すると私の展覧会場になるので、展示は、まるでオーケストラピットのように譜面台に絵を置いて配置した。コンサートがはじまる前、私のプレトーク *「4 poems and Me」を銅版画の制作プロセスと共に話した。コンサートホールで展覧会がしたいという願いが叶ったのだった。

4 poems and Me」についてはまた発表したいと思います。

アンコールの「十一月の田園詩」の演奏の様子と、曲にのせて静かに変化する画像を見て下さい。

そうしてもし「プラテーロとわたし」の本を持っているなら、88pをひらいて「暖炉にくべる松の枝を運ぶ 規則正しく繊細で軽やかな」足どりのプラテーロをイメージして下さい。

そして「十二月を待っている野原に、謙虚で穏やかなロバの姿が、過ぎた一年の歳月にも似て神聖に見え始める」というヒメネスの声を聞き、CDをお持ちなら、ギター曲をかけながらの朗読をどうぞはじめて下さい。

夢は見なければ実現しない「ひとつのオブジェ」です。

 

最後にふたりが、振り向いています。プラテーロと見つめ会いました。

 

山本容子

Category: Event
Posted by: lucas

TITLE:【Exhibition】コンサート「プラテーロとわたし」そのほか展覧会のお知らせ

October 22.2021

プラテーロと巡る、芸術の旅。

詩画集とCDになった「プラテーロとわたし」がいよいよリアルに大萩康司さんのギターで全曲演奏。詩人ヒメネスの翻訳をされた、波多野睦美さんの朗読と歌。そして私の作品の伴走投影というコンサートが10月24日(日)午後2時からはじまります。場所は秋吉台国際芸術村コンサートホールです。午後5時終了予定ですが、多分。休憩をはさんで、約4時間の大作の開演です。

私の28点の作品は、大萩さんと波多野さんの背景に投影されますが、アナログ風に少ーし動きます!制作は中川健一君。

この素晴らしい企画のはじまりは、大萩さんからの依頼でしたが、これが私の夢だったことにすぐに気がつきました。夢はひとつの実ですが、中にはそのうちに咲くであろう花の実なのです。そのリアルを実感しました。リハーサル風景をいち早くお届けします。

大萩さんは、詩人のヒメネスに似てきたと思いました。

 

■日時
2021年10月24日(日) 開場12:30 開演14:00
*13:00より銅版画作家 山本容子によるプレトークあり
■会場
秋吉台国際芸術村コンサートホール
■料金
一般3,000円 ユース(25歳以下)1,000円(秋吉台フレンズネット会員は2割引)
■出演
大萩 康司(ギター)、波多野 睦美(メゾソプラノ、朗読)、山本容子(銅版画、トーク)

コンサート「プラテーロとわたし」(秋吉台国際芸術村)

■日時 2021年10月24日(日) 開場12:30 開演14:00
*13:00より銅版画作家 山本容子によるプレトークあり。プレヴェール、シェイクスピア、谷川俊太郎、そしてヒメネスに至る、四人の詩人について語ります。

■会場 秋吉台国際芸術村コンサートホール

■料金 一般3,000円 ユース(25歳以下)1,000円(秋吉台フレンズネット会員は2割引)

■出演 大萩 康司(ギター)、波多野 睦美(メゾソプラノ、朗読)、山本容子(銅版画、トーク)

-

山本容子 銅版画原画展「プラテーロとわたし」(秋吉台国際芸術村)

■会期 10月25日(月)~31日(日)9:00~17:00

■会場 秋吉台国際芸術村 コンサートホール

※入場無料、申込不要。「プラテーロとわたし」の原画が展示されます!

秋吉台国際芸術村 公式サイトはこちらから

 

「山本容子展」(ギャラリーたむら)

■会期 10月30日(土)〜11月14日(日)

■会場 ギャラリーたむら

※こちらでは、「プラテーロとわたし」の版画が展示されます。

ギャラリーたむら 公式サイトはこちらから

 

               
新刊書籍                     
『プラテーロとわたし』                                      
 J. R. ヒメネス=作  波多野睦美=訳        
 山本容子の新作銅版画28点を収録         
 A5変型版上製120ページ             
 本体価格1,700円(税別)              
 理論社 
 詳細はこちらより


CD
『プラテーロとわたし』
 マリオ・カステルヌオーヴォ=テデスコ
 大萩康司(ギター)
 波多野睦美(メゾソプラノ、朗読)
 定価4,545円(税別)MARCO 001/2 
 MARCO CREATORS/キングインターナショナル
 詳細はこちらより

Category: Exhibition
Posted by: lucas

TITLE:【Others】読売新聞 夕刊 「たしなみ」挿画

October 06.2021

2012年4月から読売新聞夕刊の隔週火曜日に、現代の人間関係のありようや世相を考えるエッセーを集めた「たしなみ」のコーナーの挿画を制作しています。

2021年4月からの作者は星野博美さん(作家・写真家)、小川糸さん(小説家)のお二人です。9年目に入った連載を引き続きお楽しみください。


©Yoko Yamamoto

読売新聞夕刊「たしなみ」挿画、2021年10月6日のテーマは「電話のマナー」小川糸さんです。

Category: Others
Posted by: lucas



page top

Copyright©2007 Office Lucas All Rights Reserved.